10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.09.12 (Tue)

Englishman in New York

スティングの名曲 Englishman in New York
チュぶります

オフィシャルなものよりもライブの方が熱気が伝わる
ので、臨場感溢れるライブ動画を2つ選んでみました。
どちらもマルサリス(sax)は出てきませんw



Englishman in New York / Sting (Live in N.Y)
2010年、ニューヨーク、ロックフェラー・センター
でのストリートライブ
こんなのが間近で見られるなんて超うらやま
動画に目をやると、お行儀のいいオーディエンスたちが
比較的 静かに楽しんでいるようですが、クオリティの
高さに感動してるのはビンビン伝わってきます。
「僕はイギリス人だよ」「僕は合法的なエイリアンだよ」
という皮肉っぽいリリックのこの曲を、ニューヨークの
ど真ん中で歌うスティングは一体どんな気持ち



Englishman in NewYork / Sting (South America)
2011年の南米ツアー
Orquesta Sinfónica de Chile(チリ交響楽団)をバックに
歌ったもの。のっけからバリバリのスペイン語でメンバーを
紹介しているのはさすがです。そう言えば長年スティングの
サポートギターを務めているドミニク・ミラーが 相変わらず
いい音を奏でていますが、彼の故郷も南米アルゼンチンの
ブエノスアイレスでした
楽曲オープニングのクラリネット(原曲はソプラノサックス)
で地鳴りの様な歓声。これぞライブの興奮!



テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  21:12  |  洋楽  |  Top↑

2017.08.25 (Fri)

心にしみる一曲

今回は洋楽コレクションから
Kings of Convenience
(キングス・オブ・コンビニエンス)

ノルウェー・ベルゲン出身の2人組。
フォーキーなサウンドが魅力のアコースティック・
ポップデュオ 過去に2,3度チュブってたかも

ご紹介する曲は Know-How
晩夏にぴったりの一曲です。
シンプルなアコースティックギターサウンドが
夏のほてりを優しく癒してくれます.゚+.(・∀・)゚+.

2分過ぎからの意表をつくFeistのボーカル
ゲストミュージシャン的なレコーディング参加ですが
物憂げで それでいて透明感溢れる歌声がキラキラと
輝いています

What is there to know?
All this is what it is.
Oh... You and me alone,
sheer simplicity...
What is there to know?
All this is what it is.
Oh... You and me alone,
sheer simplicity...
What is there to know?
All this is what it is.
Oh... You and me alone,
sheer simplicity...



日本ではあまりメジャーではありませんが、この時期
聴きたくなる名曲


Know-How / Kings Of Convenience

ノルウェーと言えば今年の幸福度ランキングで世界第1位
こんな瑞々しい曲も北欧の土壌が生むのかもしれません。
(Feistの故郷カナダは7位、ちなみに日本は51位)

日本人の琴線にも触れるであろうこのメロディーは、本格的な
プロモーションかければ絶対売れたのになあ〜
そんなの度外視してるからHappyなんでしょうね


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:04  |  洋楽  |  Top↑

2017.08.15 (Tue)

心にしみる一曲

実家から戻ってまいりました。

親族が集まって楽しい食事会
老いた両親が嬉しそうでした。
父は足腰が弱っていて、母は天然混じりの(?)
微妙なボケ。これからも老老介護は続きますが
2人いつまでも仲良く助け合って欲しいです。

☆☆☆

お気に入りの夏ソングをチュブります
と言っても夏の終わりの曲ですけどね。
お盆明けだから、まあ いっかあヾ(・∀・)ノ


The Boys Of Summer / Don Henley

ライブ音源にもかかわらず、サウンドに耳を傾けると、
MTV大賞に輝いたPV(少年が太鼓叩いてるやつ)と
当時の思い出がノスタルジックに蘇ります.゚+.(・∀・)゚+.

何と言っても表情豊かなギターがイイ!
奏でるのはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの
ギタリストマイク・キャンベル
見せ場たっぷりですが、彼自身が曲書いているので
それもうなずけます。終盤はベタながら、突け抜ける
ギターサウンドがキモティー

201708142324572d2.jpeg
Mike Campbell



テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:19  |  洋楽  |  Top↑

2017.08.02 (Wed)

This is the Rainbow

洋楽ネタです
今回は伝説のハードロックバンド、レインボー
なぜ今さらレインボー? 私にもわかりませんw

それはさ・て・お・き

この強烈なインパクトを放つレコードジャケット
見たことありますか?
20170722010030e21.jpeg
『虹を翔る覇者』 Rising (1976) / Rainbow

初めて見た時「翔る」が読めませんでした。"かける"です。
リッチー大先生率いるレインボーの2ndアルバム

1stアルバム発表後、大幅にメンバー入替え。当初からの
メンバーはギターのリッチー・ブラックモアとボーカルの
ロニー・ジェイムス・ディオのみ。ジェフベックグループの
名ドラマー、コージー・パウエルが加入して、リッチー、
ロニー、コージーによる"三頭"体制を確立させたアルバム。

アルバムの中で特に好きだった曲がStargazer
(スターゲイザー…星を見つめる者、占星家、夢想家、天文学者)
重厚な大作です。暑苦しいかもしれませんがお聴き下さいw


Stargazer / Rainbow

バスドラやスネアがド迫力のコージーのパフォーマンス
黒魔術の様な妖しさを放つリッチーのギター
さらには、重いリリックに満ちたこの曲を、見事な歌唱で
雄々しく歌い上げるロニーの神ボーカル
彼らの持つ確かな力量が、足し算ではなく 掛け算で押し寄
せて来るようなダイナミズムに、身も心も打ちのめされた
記憶があります w(゚o゚)w


今回はここで終わるはずだったのですが…
どうしても貼らなきゃ気が済まない曲がありました(。>ω<。)ノ


Kill the King / Rainbow

3rdアルバム『バビロンの城門(アーチ)』(1978)から
Kill the King
カッコよすぎるイントロでいきなりテンション上がりまくり
危険なローラーコースターで真っ逆さまに落ちていく様な
ただならぬ緊迫感 ここでも3人の掛け合いが凄いです。

長い手足から繰り出されるコージーのドラミングは鬼
狂気漂うロニーのボーカルはパワフルで存在感抜群
スピーディなアルペジオが連続するリッチーのギターも
ドラムと絡んでめためたかっちょいい
40年近く経った今でも朽ちないハードロックの金字塔ですね!

ご紹介した2枚のアルバムはレインボー黄金期の傑作です。
機会があれば是非聴いてみてください!


テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:08  |  洋楽  |  Top↑

2017.07.18 (Tue)

Reelin in the Years

洋楽ネタです

"Are you reelin' in the years
Stowin' away the time!"


"年がら年中ふらついてんのか?
時間を無駄に溜め込みやがって"
(和訳もうちょっとみたい方はRead Moreクリック)


「サビの部分をみんなで大合唱したい!」
そういう衝動にかられる楽曲ってありません
洋楽の中にもあるんです。私の場合はコレ!
めちゃめちゃ古い曲ですけどねっww

☆☆☆

ギターもめちゃカッコイイ

Reelin in the Years (1973) / STEELY DAN
ギタリスト2人、向かって左ジェフ・バクスターと右デニー・ダイアス
ルター・ベッカーはベース弾いてます。


Reelin' in the Years / Elliott Randall and Friends
お年を召されてからのエリオット・ランドール(G)のプライベート映像
彼のギターはトリッキーですが味があります。みんな楽しそう!



1972年発表1st収録

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:04  |  洋楽  |  Top↑
<< PREV  | HOME |  NEXT >>