09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011.02.15 (Tue)

ジェフのたいこ

   世界でも屈指の売れっ子セッションドラマー(だった)、故ジェフ・ポーカロ

   「ハーフタイムシャッフル」なんて言われても、楽器音痴でドラムもほとんど
   叩いたことない私には よくわかんないんだけど...( ̄∇ ̄*)ゞ

   Jeff Porcaro
 私がわかるのは 
 小柄な体で骨太な鳴り  
 そして 強烈なグルーヴ




   この高揚感、気持ち良さは何
   卓越したリズム感のせい? それとも技術?

   ジェフ・ポーカロの「いい仕事」を集めてみました。
   彼のプレイを聴くためだけに、たいして興味がないアルバムでも買うリスナー
   が結構いるらしい。選曲は古いものから始めて、年度がかぶらないように
   頑張ってたんだけど、数が多くてきりがないことに気づきましたw
   (参加アルバムは200作を超えるというから凄いです)

    Doctor Wu / Steely Dan (1975)
      スティーリー・ダンの初期のアルバムKaty Lied(うそつきケイティ)からの
      ナンバー。スティーリー・ダンのツアーやレコーディングへの参加によって
      徐々に知名度が上がったようです。音源が古いですが好きな曲

    Lowdown / Boz Scaggs (1976)
      これで一気にジェフが有名になっちゃいました。彼の躍動感溢れるプレイ
      が聴けます。 跳ねの効いたグルーヴ感、キックのシンコペイション、
      ハイハットワークの凄さ、スネアのタイミング…なんて知ったかぶりをして
      みたくなるほどカッコイイw
  
    Come Closer, Baby / Tom Scott (1979)
      サックスプレーヤーのトム・スコットのアルバムから。LAの実力派が多数
      参加していて、特にジェフを中心とするリズム隊がいい作品。
      この曲は疾走感はないですが、リラックスできる気持ちいいナンバー

    Morning Glory / Mariya Takeuchi (1980)
      こちらもLAで活躍する売れっ子ミュージシャンが まりやの為に集結。
      TOTOからはルカサーやハンゲイトも参加 こういうミディアムテンポ
      のまったりしたドラムだったら、私でも練習して叩けるようになるかも(爆)

    Goodbye Elenore(Studio live)/ TOTO (1981)
      最後はやっぱりTOTOの生演奏(前に貼ってたかな) メイキングっぽく
      作られていますが、叩きまくりのジェフに注目。バスドラも凄いし
      スタジオミュージシャンとして、他人のアルバムの中でカッチリしたお仕事
      やってる時とは違って弾けてます。っていうか3rdのターン・バックはかなり
      ロックしてたしね。興奮冷めやらないまま去っていく姿が素敵

  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  10:22  |  洋楽  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

なるほど~

あまりドラムに注目して音楽聴くことって無かったんですが、言われてみれば 「Dr. Wu」 も 「Lowdown」 もドラムがカッコいいっすね!
そして最後のTOTOのスタジオライブ、これは圧巻!!
いい動画を見せて頂きました。
strider |  2011.02.15(Tue) 23:47 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

striderさん
 >「Dr. Wu」 も 「Lowdown」 もドラムがカッコいいっすね!
 ですよね♪ 特にLowdown は「ロザーナ」と肩を並べるほどの
 ジェフの名演だと思います。車の中でしょっちゅう聴いてます。
 TOTOのグッバイ・エリノアは、出だしの連打からインパクト強烈
 で、その後の「タタタタン、タタタタン、タタタタン・・・」のリズムが
 頭から抜けませんw 麻薬のように気持ちがいいです(+∇+)
さり |  2011.02.16(Wed) 10:03 |  URL |  【コメント編集】

カウンター!

しかし勿体ないことです、38才。
専門外で講釈垂れるほどドラムは詳しくないですが
ジェフが出してくる音は快感です。
ハイハット、スネア、タム、バスドラ、全てに名うての職人を感じます。
特にシンコペを効かせたバスドラは座頭市の居合いの鋭さです。
この動画が全てを物語っています。
http://www.youtube.com/watch?v=MwFdExvCxM4&feature=related

バンドはドラムとベースの上手いやつを入れるのが鉄則。
上にかぶせるギターなんかは、ある程度でいいですからね。

まりあの曲は特にTOTOのメンバーを集めなくても、打ち込みで十分の気がします。
話題性でしょうね。
阿防 |  2011.02.16(Wed) 17:48 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

阿防さん
 >特にシンコペを効かせたバスドラは座頭市の居合いの鋭さです。
 あひゃひゃひゃ 座頭市の居合いと来ましたかw
 ホントに若くして亡くなられて惜しまれます。
 ベースのマイク・ポーカロも今 難病で療養中らしいですね 心配(-.-)
 動画見させていただきました。右手と左手と足がどうして
 あんなに別々に正確に動かすことができるのか驚きです!

 Miss Mは1曲目に素晴らしいのが聴けますよ☆
 それ以外の曲は、西海岸のまったり系が多いです。
さり |  2011.02.17(Thu) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

ポーカロ最高ですね!

「DOCTOR WU」 いいですねー
サックス・ソロの部分が好きです。
曲想が「AJA」に似ているので、この曲を聴くと「AJA」が聴きたくなります。
milkybar |  2011.02.19(Sat) 09:58 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

milkybarさん
 >サックス・ソロの部分が好きです。
 私もこのメローなサックスがとっても好きです☆
 ホントにAJAっぽいですよね AJAの序章というか
 ルーツをみるようです。あちらはガッドが最高ですね!!
さり |  2011.02.19(Sat) 13:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |