07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009.01.30 (Fri)

リー・リトナー

   Lee Ritenour (リー・リトナー)にズームイン♪

   リー・リトナーと言えば、杏里との婚約解消!違う、それは置いといて。。。
   1970年代からスタジオミュージシャンとして活躍し始めた彼ですが、
   77年に発表したアルバム"Captain Fingers"で一気にブレイクしました。
   その後はドン・グルーシンと「フレンドシップ」を結成し、80年代に入って
   からもフュージョン・ギタリストの第一人者として活躍。私はこの80年代
   に初めて彼の演奏を聴いたわけですが、聴き易くて飽きのこないサウンド
   がとても心地よかったです。
   
Captain FingersCaptain Fingers
(2008/04/01)
Lee Ritenour

商品詳細を見る
 
   90年には、ボブ・ジェームス、ネーザン・イースト、ハーヴィー・メイソンと
   共にフォープレイを結成。ここからは、かなりはまって聴きました。1995年
   までに3枚のアルバムを発表した後 多忙を理由に脱退し、ギターはラリー・
   カールトンにチェンジしましたが、彼が在籍していたころの初期のアルバム
   はどれも好き。中でも1stアルバムは捨て曲なしで、今でもよく聴いてます。
  
FourplayFourplay
(1994/08/04)
Fourplay

商品詳細を見る
←これは一家に一枚の
 名盤だと思います。
    
   どれをチュブろうか迷ったけど、フォープレイで楽しそうに演奏しているの
   にしました。日本公演みたい。この4人 何だかんだ言っても凄いですね。
   情感タップリに弾くリーのギターは萌えます。メタボだろうが薄毛だろうが
   そんなの関係ないの。前に出ても、後ろに回っても いいお仕事されてます。
   ネイザンのスキャット、ボブ・ジェームスのピアノもイイ感じ。             
             101 EastBound / Fourplay

 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  11:09  |  洋楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

黒伊佐錦ゲット!

Mちゃんの花はドライでしょ?生花じゃ水やり無理ですもんね。
うちのお客さん?にも花屋さんがいて売れ残りをくれます。
とても豪華で普段買えないような お花ですよ。

リトナーさんはホント一世風靡でしたね。
フュージョンの先駆けで度肝抜かれましたね。
テクは完璧・・・しかし何かが足りませんでした。
彼は真面目すぎでWes Montgomeryの呪縛から
抜け出していない感じです。
ラリー・カールトンと日本に来ましたが ビデオを見ると
分かりますが ラリーはブルースをルーツに持つギター、
リトナーはジャズベース。見れば分かります。
http://jp.youtube.com/watch?v=YlpSXobUf7A&feature=related
ラリーの色気ムンムンのギターが若造をたしなめている気がします。
チョーキング ビブラートが喋っているでしょ?

久し振りのB賞ゲットです。
ダブルシックス |  2009.01.30(Fri) 20:27 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

ダブルシックスさん
 お花は造花ですよ。「流れ」とか空間づかいとか
 素人の私にはわかんない細かいことまで考えてある
 みたいです。お花がお部屋にあると和みますね。
 Low Steppin'いいですねぇーー
 ダブルシックスさんに媚びるわけではないですが
 この掛け合いは完全にラリー・カールトンの勝利
 ですね。テクは全然わかりませんが、やっぱり
 ラリーの方がブルージーな分、色気があります。
 黒伊佐錦ゲットですか!聞いてなかったですが
 おめでとうございます!ちょっと「まずラジ」のぞいてみます。
さり |  2009.01.31(Sat) 04:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |