07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008.10.24 (Fri)

アルチザン達郎

   サンデーソングブックというラジオ番組(日曜14:00~14:55)を
   ご存知ですか?パーソナリティの山下達郎さんが、オールディーズ
   ナンバーを中心に良質な音楽をオンエアしてくれる人気番組。
   洋楽の知識は半端じゃない達郎さんの、素晴らしい選曲と軽妙な
   おしゃべり。とっても素敵なひとときを過ごせますよ。   
   そんな達郎さんのアルバムをご紹介します。少し地味めの2作品です。

   まずは 僕の中の少年(1988)
僕の中の少年 01.新・東京ラプソディー
 02.ゲット・バック・イン・ラブ
 03.THE GIRL IN WHITE
 04.寒い夏 
 05.踊ろよ、フィッシュ
 06.ルミネッセンス
 07.マーマレイド・グッドバイ
 08.蒼氓 
 09.僕の中の少年

   商品詳細を見る
   
   大ヒットナンバー「ゲット・バック・イン・ラブ」が収録されたアルバム。
   私の中では晩夏~秋のイメージのある作品です。しっとりとした名曲
   「蒼氓」は、バックコーラスが桑田佳祐 、原由子、竹内まりやと超豪華。

   続いてはアルチザン(1991)
アルチザン 01.アトムの子
 02.さよなら夏の日
 03.ターナーの汽罐車
 04.片想い
 05.TOKYO'S A LONELY TOWN
 06.飛遊人  07.スプレンダー 
 08.MIGHTY SMILE(魔法の微笑)
 09."QUEEN OF HYPE" BLUES
 10.エンドレス・ゲーム
 11.GROOVIN'  
    商品詳細を見る

    無類のレコードコレクター、 レコーディングやステージにおける徹底した
    音質へのこだわり、 そしてアカペラのオーソリティとしての自負。
    そんな彼の姿が、この「アルチザン」(Artisan)=「職人」というタイトルに
    そのまま投影されています。「アトムの子」は漫画の神様、故手塚治虫氏に
    捧げた曲。身体に心地いいドラムのビート感はもとより、ラスト1分半を
    ボーカルのコンビネーションだけで駆け抜けていくアレンジは圧巻です。

 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  16:49  |  邦楽  |  TB(0)  |  CM(11)  |  Top↑

Comment

彼は勉強家

あの番組はヒットチャートに乗らないような曲を
彼が渡米して町のレコード屋で探した曲をかけてくれますね。
彼の曲はサザンの絶対流行るコード進行路線とは違って
実に計算されていますね。大滝詠一が全盛だった頃 
最近凄い新人が出て来たと紹介していたのを思い出します。

彼のコーラスはビ^-チ・ボーイズが手本ですが全然 追い越せてないですね。
ダブルシックス |  2008.10.24(Fri) 21:41 |  URL |  【コメント編集】

どちらもいい作品ですねー
1つ前の「ポケットミュージック」も好きです。
「サンデーソングブック」もよく聴いてます。リスナーの誕生日の紹介コーナーはちょっとアレですけどね。
milkybar |  2008.10.24(Fri) 22:13 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

ダブルシックスさん
 たしか「棚から一掴み」なんてコーナーもありますよね
 山下達郎は好きじゃないけど、あの番組は好きっていう
 人もいるぐらい、コアな音楽ファンをうならせてます。
 コーラスは彼の場合、ほとんど1人でやっちゃうところが
 凄いと思います。ユーミンの「12月の雨」では、味のある
 コーラスをみせてくれてますよ。
 ところで川柳の方はどうですか?最近あの時間帯に
 車に乗ってなくてラジオ聞けてません。あいかわらず
 わがままな栗田節が炸裂して、れいこ&きょんが彼の
 ご機嫌損ねないように気をつかう構図ですか?(笑)

milkybarさん
 「ポケットミュージック」。。。いいですねー大好きです♪
 このころの達郎さんは脂がのってました。
 最近ちょっと不調です。大きなヒットが出ていません。
 >リスナーの誕生日の紹介コーナーはちょっとアレですけどね。
 まったくです。いろんなリスナーからも不評みたいですね。
 読んでる達郎さんも、「名前には読み仮名振ってください」
 とか文句言ってるわりには、よく続けてると思いますw
さり |  2008.10.25(Sat) 02:47 |  URL |  【コメント編集】

アルチザン

山下達郎っていうと、どうしても歌や曲、アレンジに評価の目がいってしまいがちですけれど。僕は、詞やおしゃべりが好きだなぁ。

このアルバムでは「さよなら夏の日」の、風景です。

ketchup36oz |  2008.10.25(Sat) 11:35 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

ketchup36ozさん
 >僕は、詞やおしゃべりが好きだなぁ。
 作詞に関しては彼自身コンプレックスをもっているという
 ことなんですけど、初期の作品では独特の世界観が
 あって好きです。おしゃべりは頭の良さがうかがえます。
 最近、ある お笑い芸人が「FMで喋っている山下達郎」という物真似
 やってるみたいです(笑) 
さり |  2008.10.25(Sat) 13:21 |  URL |  【コメント編集】

ラジオ

って結構面白かったりしますよねえ。
最近はほとんど聞きませんが...
山下達郎の曲は意識して聞いたことはありません。
最近YOU TUBEが2秒で止まってしまうことが結構あって
聞けませんでした、またTRYします。
しかしジャケットのセンスが斬新で良いですね。
ミュジニー |  2008.10.25(Sat) 16:34 |  URL |  【コメント編集】

みんな大好き

みんな大好き山下達郎さんって感じですv-410
サ○ンは置いておいて、達郎さんが苦手って人はまだお目にかかったことないです。洋楽しか聴かない人でも、山下達郎は聴くって方いますよね(私も含めて) この方の作る楽曲は本当に素晴らしい。

>「FMで喋っている山下達郎」という物真似
見てみたい!
risa |  2008.10.25(Sat) 19:21 |  URL |  【コメント編集】

暇でしたら・・・

今週号の週刊文春のP93に載っています。
立ち読みで 見てください。
ダブルシックス |  2008.10.25(Sat) 19:48 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

ミュジニーさん
 アンドレ・ミリポルスキーという人の絵画だそうです。彼の言葉に
  “I want to imbue my work a rich life force ... a reason to celebrate.”
 「僕は自分の作品に、あふれる生命力みたいなモノを充満させたいんだ、
 お祝いゴトみたいな」 という言葉があるそうです。
 このジャケそのものって感じです(笑) かなり毒々しいですが…
 YouTubeこっちは普通に見れますけどねえ。
 Java Script がオフになってたりしたら見れないそうですよ。

risaさん
 以前、私の周りには達郎さんの声がいやという人が何人か
 いました。でもなぜかライド・オン・タイムやクリスマス・イブは
 聴いていました。「FMで喋っている山下達郎」は誰だったかなぁ~
 あの鼻にかかった甲高い声(しかも早口)が似てましたよw
 夏男のイメージどおり、アッパーな曲は元気になれますし
 この時期にピッタリのしっとり系もウエルメイドですよね♪

ダブルシックスさん
 見てみます!今、ネットでも見れるかなあって思って
 検索したのですが、さすがに中身まで見れないですね
 (あたりまえですw) 教えていただいてありがとうございます。
さり |  2008.10.26(Sun) 01:12 |  URL |  【コメント編集】

ラジオが好き

ピーター・バラカンのモーニング・サンシャインと
ならんで、曲が良くてしゃべりが全然気にならない
好きな番組です。ビーチボーイズも好きだし。
(決して通ではないけど)
こういう流してて気分の良い番組が
もっとあるといいな。
でも、私の場合、クリスマス・イブはもういい加減
食傷気味です。
さりさんは音楽を偏見なく、ジャンルにとらわれずに
感じ取れて、すばらしいです。
パエリア |  2008.10.26(Sun) 06:05 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます!

パエリアさん
 そうですか、パエリアさんもラジオ好きですか!
 ピーター・バラカンのモーニング・サンシャインという
 番組は知らないけど、彼の偏った選曲はけっこう好き
 なんですw 昔、彼がやってたポッパーズMTVっていう
 番組好きでした。TBS深夜に放映されてたはずです。
 (関係ないけど、達郎さんの『モーニング・シャイン』
 って曲いいですよ。)
 クリスマス・イヴは私ももういいって感じです。
 アルバムの中にひっそりと収められてた曲だったのに、
 CMでブレイクし過ぎましたね。 
さり |  2008.10.26(Sun) 14:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |