07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016.10.02 (Sun)

ハドソン川の奇跡

映画レビューです

今年2回目の映画記事。前回は1月に見たスター・ウーズ
かなり間が空いたのは理由があります。近所のユナイテッド
シネマがなくなっちゃったんです。ホークスタウンが取り壊
されたため。便利だったのになあ
関係ないけどホークスは優勝逃すしね〜(;д;)


それは、さ・て・お・き


「ハドソン川の奇跡」 久しぶりに刺さりました
20161001212255eeb.jpeg
T・ジョイ博多 10月1日/映画の日に鑑賞

上映時間は96分ですが中身が濃いです
まずは、この映画のモデルになった「USエアウェイズ1549便
不時着水事故」(2009年1月15日)をご存知でしょうか?
当時、乗客155人全員の命が機長の賢明な判断と優れた技術に
よって救われたとされる航空事故です。

この映画を鑑賞するにあたって。。。
下記の調査報告を頭に入れて見るのもありだと思います。
ほぼこの事実に従って素晴らしい演出がなされているヒュー
マンドラマなので、詳細の1つ1つを確認しながら楽しめます。
ただし、この事故についてほとんど知らない人は、あえて頭を
すっからかんにして先入観無しに見るのも一興だと思います。
そういう見方を楽しみたい方は読まないで下さい。

事故原因に関する調査報告
事故の原因はエンジンに複数のカナダガン(鳥)が飛び込んだことである。
飛び込んだカナダガンは成長した大型(最低でも4kg)のもので、それが複数
飛び込んでいた。これによりエンジン内部のコンプレッサー部分が、致命的な
ダメージを受けたため、エンジンを再起動できなかった。
事故調査の過程で同じ状況のシミュレーションを行なった際、エンジン停止後
すぐに空港へ引き返していた場合、ギリギリではあったが緊急着陸は可能だった
ことが判明している (wikiより抜粋)



さて、見所は沢山あるのですが、機長役のトム・ハンクスが
凛々しくて、とにかく味があります
英雄扱いされて世界中から称賛された男が抱えた苦悩とは
ラストに副機長が言い放ったアメリカンジョークが粋で
笑いながら涙しました(。>ω<。)ノ
さすがはクリント・イーストウッド監督。強くオススメ




映画『ハドソン川の奇跡』予告編

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

EDIT  |  00:02  |  映画  |  Top↑
 | HOME |