07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007.07.28 (Sat)

Diana Krall

  最近ジャズの女性ボーカルをよく聴きます
  
  中でもダイアナ・クラ-ルは以前からのお気に入りで、夜パソコンを叩きながら
  BGMで流してることが多いです。彼女は低くハスキーな声が魅力的。古いジャズ
  を、彼女風にしっとりとアレンジして歌うのが得意技。ピアノの腕もなかなかです。
  
  日本で、もう少しメジャーになって欲しい気もします。

  非常にカメラワークのいい映像を見つけました。じっくり聴いてみて下さい。
  まったりしていいですよ~。6分~エンディングのハープなんか気が利いてます。 
               I've Got You Under My Skin / Diana Krall

The Look of Love The Look of Love
Diana Krall (2001/09/18)
Verve

この商品の詳細を見る
  ソロアルバムではこれが人気かな?

EDIT  |  02:42  |  洋楽  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

Comment

ジャズとは・・シブイっす^^
KEI |  2007.07.28(Sat) 13:20 |  URL |  【コメント編集】

自分は

ソフィー・ミルマンが気に入ってます。
と言ってもまだ2枚しかアルバムは出てませんが...
1枚目がお勧めです。
PV確かにマッタリしてますね。
ついでに「Fly me to the moon」もみましたが
なかなか良いですね!
ピアノ弾き語りはやっぱりかっこいいです!
ミュジニー |  2007.07.28(Sat) 18:50 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます。

KEIさん
 ジャズ聴くことが多くなりました。
 ロックシーンに目新しいアーティスト
 がいません。ジャズのまったり感の方が
 味があります。

ミュジニーさん
 ソフィ-・ミルマンいいですね♪ 
 エゴ・ラッピンなどが影響うけてそうです。
 アルバムはまだもっていません。
 Fly me to the moon。。よかったでしょ。 
 ピアノの上手さがバッチリ出てます。
さり |  2007.07.29(Sun) 12:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

ボーカルの厳選紹介

アーティスト:ヴェロニク・バルモンレーベル:サラヴァ販売元:株式会社新星堂発売日:2002年09月21日メーカー品番:OMCX-1084ディスク枚数:1枚収録時間:43分34秒このアーティストの新着メールを登録するサラヴァのピエール・バルーといえば、隠された才能を見つけだす点
2007/08/04(土) 15:32:08 | ジャズの日
 | HOME |