07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013.07.18 (Thu)

ジャズの愛聴盤

私には、夜ベッドに入るときに必ずかけるCDがあります
それはWynton Kelly(ウィントン・ケリー)Kelly Blue

飽きもせず1年以上こればっかw
聴くというより、小さな音量でただ流してるだけ
なぜか寝つきがいいです (∪。∪)。。。zzzZZ

ウィントン・ケリーの名前は、マイルス・デイヴィスのアルバム Kind Of Blueの
中で初めて目にしました。この作品の中でのピアノは主にビル・エヴァンスが
弾いています。エヴァンスの後任が決まっていたケリーは、アルバムの中で
唯一の軽快なブルースナンバー「フレディ・フリーローダー」のみを演奏して
いるのですが、これがまたイイ

以前ジャズの有名なアルバムを、評判だけで まとめ買いしたのですが
そのときに購入した一枚が既出の『Kelly Blue』
ナット・アダレイ(コルネット)、ベニー・ゴルソン(テナーサックス)、ポール・
チェンバース(ベース)など、私でも耳にしたことがあるメンバーとのコラボ。
決して派手さはないですが、粋でスウィンギーなケリーのピアノがキラリ光って
います

Kelly BlueKelly Blue
(1990/06/30)
Wynton Kelly

商品詳細を見る

ヤバいものが発売されてまちた↓ Kelly Blueも含まれてるしww 安

6 Classic Albums6 Classic Albums
(2013/04/11)
Wynton Kelly

商品詳細を見る

   On green Dolphin Street / Wynton Kelly

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

EDIT  |  10:16  |  洋楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |