08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013.05.20 (Mon)

図書館戦争

映画レビューです 今回は邦画だよ

図書館戦争 観てきました
図書館戦争 画像012
↑高校生のころ 本屋で "王子様"に助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)

近未来の日本で『メディア良化法』という、風紀を乱す表現を取り締まる
法律が施行されました。これがいわゆる悪法。全国の書店や図書館の
本が大量に検閲の対象となり、メディア良化委員会によって処分されて
しまいます。なんで図書館の本まで~??って疑問は置いといてw

検閲に対抗し読書の自由を守るために結成された図書館の自衛組織
図書隊が、メディア良化委員会と武力で衝突するというストーリーが
かなり奇想天外 こんなに銃撃シーンが出てくるとは思いませんでした。

このリアリティーのなさを、榮倉奈々と岡田准一の好演でカバーしてる感じ。
図書隊に入隊して間もない笠原郁(榮倉奈々)と、厳しい担当教官の堂上篤
(岡田准一)のやりとりが笑えます。2人の仲は徐々に盛り上がりをみせて
最後は… 全体的には心温まる仕上がりになってます。
日頃の訓練で鍛えられた2人の格闘シーンは見応えあります。特に岡田君は
銃を構えても、素手で立ち回っても、めちゃめちゃかっこよかったです 


I remember you / Diana Krall …なんて魅力的な声

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

EDIT  |  08:45  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |